BASICプログラミングができたポケットコンピュータ(ポケコン)と印刷ができたワープロ

BASICプログラミングができたポケットコンピュータ(ポケコン)と印刷ができたワープロ

pokecon

1980年代、ポケットコンピュータ、通称ポケコンというのがありました。
低能ですが、低価格でサイズも文字通りポケットサイズ、しかも起動時間が1秒弱という軽さがうけ、大ヒットしたようです。
BASICプログラミングをするだけなんですが、工事現場や学術研究の場で実際に使われていたそうです。

いまは、高性能なノートパソコンがかなり小型化したので、もう必要ないかと思いますが、
当時、コンピュータがポケットサイズというのは非常に画期的でした。

そう言えば、ワープロも姿を消しました。
文字を打つだけなら十何万もするパソコンを買うよりよほどいいですね。
しかも、一台で印刷までできる機種もあり、便利でした。
今はインターネットがあるので、ワープロよりパソコンなのかも知れません。
だから消えたのでしょう。

まにゅあーる

人気ブログランキングへ

    似たような記事は無いようです。。

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリのはてなブックマーク数このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをつぶやく

コメントする




過去の記事はこちらから検索

カスタム検索



人気の記事









当ブログのバナーはこちら↓
GIZAZINE
GIZAZINE

 RSS2
 ATOM
↑当ブログの購読はこちら

GIZAZINE(ギザジン)公式twitterアカウントあります。

お問い合わせはこちらからどうぞ。

One in a Million Theme by TDH & WordPress theme