聖徳太子の中国への手紙

聖徳太子の中国への手紙

prince_shotoku

聖徳太子が、
「日出る処の天子、書を、日没する処の天子に致す。」
と言う手紙を中国に送ったら激怒されたと言う有名なエピソードがあります。

日の昇る国の天子から日の落ちる国の天子へと言うことなんですが、
中国の皇帝が怒った理由が誤解されているようです。

別に「日が沈む国」と言う部分に怒ったわけではありません。
「私も天子、あなたも天子」と言うことで怒ったのです。

当時、中国には中華思想があり、中国以外の国は属国であると言うことになってました。
にもかかわらず、聖徳太子が日本も中国も対等であると言うような手紙を送ったから、
怒ったのです。

なお、今では中華思想は公的にはなくなったそうです。
しかし、漢民族の心の中には残っているかもしれません。
よく知りませんが。

またいい加減なことを言ってしまった・・・

まにゅあーる

人気ブログランキングへ

    似たような記事は無いようです。。

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリのはてなブックマーク数このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをつぶやく

コメントする




過去の記事はこちらから検索

カスタム検索



人気の記事









当ブログのバナーはこちら↓
GIZAZINE
GIZAZINE

 RSS2
 ATOM
↑当ブログの購読はこちら

GIZAZINE(ギザジン)公式twitterアカウントあります。

お問い合わせはこちらからどうぞ。

One in a Million Theme by TDH & WordPress theme