ヘクトパスカルとatmに見る受験勉強の変化

ヘクトパスカルとatmに見る受験勉強の変化

私が高校生の時は気圧の単位にatmを使っていました。
水銀を使って、気圧を測るのですが、かなりいい加減なもののようで、
今は、ヘクトパスカルを使ってますね。

これは、「1平方メートル (m2) の面積につき1ニュートン (N) の力が作用する圧力」(ウィキペディアより)という厳密なものです。

時代は変わるものですね。きっと今受験勉強したら、昔とはいろいろ違ってるんでしょうね。

そういえば今はセンター試験の英語にリスニングがありますね。
ただでさえ難しかったのに。英語は難しいですよね。
スペルと発音に一切関連がなく、発音もなめらかすぎて何言ってるかわからないです。

まにゅあーる

人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリのはてなブックマーク数このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをつぶやく

コメントする




過去の記事はこちらから検索

カスタム検索



人気の記事









当ブログのバナーはこちら↓
GIZAZINE
GIZAZINE

 RSS2
 ATOM
↑当ブログの購読はこちら

GIZAZINE(ギザジン)公式twitterアカウントあります。

お問い合わせはこちらからどうぞ。

One in a Million Theme by TDH & WordPress theme