ThirtyTwo(サーティーツー)Heel Hold kitの使い方

ThirtyTwo(サーティーツー)Heel Hold kitの使い方



ThirtyTwo(サーティーツー)というスノーボードブーツのお話です。
09-10シーズンのモデルから”Heel Hold kit(ヒールホールドキット)”なるものが付属される様になりました。(一部モデルは付いていないかもしれません。)
スノーボードで大敵なのが、踵の浮きやアソビです。
32のブーツは低温サーモと呼ばれる、履いているうちに持ち主の足形にフィットしていくシステムが採用されています。
さらに、09-10では、カスタムインソールが標準で装備されており別途インソールを買う必要がなくなりました。

さらに、”Heel Hold kit(踵固定キット)”も付属されましたが、英語の説明とドクロ&らくがきみたいな絵が書いてあるだけで使用方法が分かりづらい!!
なので、調べてみました。
さらに、装着後のレビューも載せてみました。

使用方法
1.スノーボードに行って、”Heel Hold kit”を使用せずに、1~3日ぐらい滑る。

2.ブーツがある程度足に馴染んできたら、インナーブーツを取り外す。


3.上記の様に”Heel Hold kit”の一番大きなもの(浜崎Aマークみたいなの)だけを貼る。

4.アウターブーツに装着してフィットを確かめる。

5.フィット感が足りなければ、2番目に大きな”C”マークを浜崎Aマークの上から貼り付ける。

6.さらに足りなければ一番小さな”C”マークを貼り付ける。

コツとか注意点
・必ず低温サーモでブーツが足に馴染んできてから貼る。
・いきなりすべて貼り付けないで、様子を見ながら貼る。
・貼る面をきれいにしておく。(油汚れなどを拭き取っておく)
・貼る面やキットをストーブなどで暖めてから貼ると粘着力がアップし、取れにくくなる。

レビュー
浜崎Aマークのみ貼り付けましたが、踵のホールド性が少しアップしました。
もう一枚貼ればさらにアップすると思いますが、踝との相性もありますので、ゲレンデで様子を見ながら貼りたいと思います。

ということで、今シーズンもあと僅か快適なブーツで快適なスノーライフをお過ごしください。


秋葉原のことならアキバウェーブ

人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリのはてなブックマーク数このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをつぶやく

コメントする




過去の記事はこちらから検索

カスタム検索



人気の記事









当ブログのバナーはこちら↓
GIZAZINE
GIZAZINE

 RSS2
 ATOM
↑当ブログの購読はこちら

GIZAZINE(ギザジン)公式twitterアカウントあります。

お問い合わせはこちらからどうぞ。

One in a Million Theme by TDH & WordPress theme