GeForce8800GTS→RADEON HD5850 移行時の注意点

GeForce8800GTS→RADEON HD5850 移行時の注意点

窓辺ななみ

GeForce8800GTSからRADEON5850へ移行するときの注意点や気づいたことを書きます。
環境は、
MB:Foxconn Bloodrage X58
VGA:RADEON HD 5850
XP SP3
IDE Mode
です。

失敗編
RADEONのドライバCatalyst  9.10をDL

GeForceのドライバを削除

再起動

新しいデバイスが見つかりました~

キャンセル

あらかじめDLしておいた、Catalystをインストール

ZERO Display Service Error

CatalystコントロールセンターはインストールOK!

プログラムの削除・変更からドライバ削除

削除できません。

(‘A`)

重要なところは【ZERO Display Service Error】。
調べてみるとマザーボード、チップセットとの相性らしい。
家のマザーボードは、Foxconn Bloodrage X58チップセット。
Bloodrageの箱にもクロスファイヤサポートATIのロゴまで入っている。
とりあえず、ライバル企業のnVidia GeForceのドライバの破片というか残り香というかゴミが残ってそうなので、それを消すことにしてみた。

使用するソフトは【Driver Sweeper】というソフトで、RadeonやGeForce,Soundblasterなどの糞ドライバ癖のあるドライバをクリーンにするときにも使えるフリーソフトです。
基本的には英語ですが、中学生ぐらいの英語と直感でわかりやすいインターフェイスのソフトなので、わかりやすいと思います。

driversweeper
簡単な使い方
1.クリーンにしたい対象のドライバにチェック
2.Analyse(分析)をクリック
3.Cleanをクリックして、完了。
注:実行する前にバックアップを取っておきましょう。

以下のような手順でインストールしたらOKでした。

成功編
RADEONのドライバCatalyst  9.10をDL

GeForceのドライバを削除

再起動

新しいデバイスが見つかりました~

キャンセル

Driver Sweeperを実行し、ゴミ掃除

あらかじめDLしておいた、Catalystをインストール

ZERO Display Service Error が出るが無視

(´∀` )

重要なことは【ZERO Display Service Error】が出ても無視することです。
環境によっては、【ZERO Display Service Error】が出ますが動作に問題は無いようです。
GeForceからの移行でしたが、ドライバ以外での不具合たる不具合はありませんでした。
初のRADEONですが、かなりヌルヌル動きます。
それよりも、Windows7に移行して、DirectX11のうまみを享受したいです。
では、楽しい自作ライフを!

リンク
AMD Radeon Driver Download JP
http://www.amd.com/jp/

Driver Sweeper DL
http://www.phyxion.net/


秋葉原のことならアキバウェーブ

人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリのはてなブックマーク数このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをつぶやく

コメントする




過去の記事はこちらから検索

カスタム検索



人気の記事









当ブログのバナーはこちら↓
GIZAZINE
GIZAZINE

 RSS2
 ATOM
↑当ブログの購読はこちら

GIZAZINE(ギザジン)公式twitterアカウントあります。

お問い合わせはこちらからどうぞ。

One in a Million Theme by TDH & WordPress theme