具現化するとこうなるのか

具現化するとこうなるのか

VOCALOIDを開発したヤマハが歌にあわせて歌うロボットを開発

開発はかまわないがこれは、なかなか・・・

このロボットの特徴は曲に会わせて初音ミクの声で歌うこと、ただそれだったら既存のパソコンソフトVOCALOID 初音ミクでもできた。このロボットはさらに進化をしていて口も曲に会わせて細かく動き、さらに瞬きまでするらしいのだが

やはり、この表情、というか顔は、こ、怖いでしょ

2次元のものを3次元に起こすのは無理があることなのでしょうか?

ん?

そもそも、ヤマハは別に初音ミクを作ったわけじゃないのかな

何にしても一般発売を検討してるのなら、このままじゃ売れないんじゃないでしょうか



秋葉原のことならアキバウェーブ

人気ブログランキングへ

    似たような記事は無いようです。。

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリのはてなブックマーク数このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをつぶやく

コメントする




過去の記事はこちらから検索

カスタム検索



人気の記事









当ブログのバナーはこちら↓
GIZAZINE
GIZAZINE

 RSS2
 ATOM
↑当ブログの購読はこちら

GIZAZINE(ギザジン)公式twitterアカウントあります。

お問い合わせはこちらからどうぞ。

One in a Million Theme by TDH & WordPress theme