あぶられた、勝浦の別荘

あぶられた、勝浦の別荘

20日午前4時10分ごろ、千葉県勝浦市部原の木造平屋建て住宅から火が出ているのを 警戒中の県警勝浦署員が発見、無線連絡を受けた同署が119番通報した 消防が約1時間後に消火したが、住宅の大半が焼失した

同署の調べでは、住宅は、覚せい剤取締法違反(所持、使用)で東京地裁に起訴された 女優の酒井法子被告(38)と夫の高相祐一被告(41)が別荘として借りていた 警視庁の捜索で微量の覚せい剤と吸引器具が発見されている

君津や鴨川でも連続不審火が

ムム、これは・・・

おそらく、いや、個人的にはほぼ確定だと思ってるんだけど、勝浦だけあぶっちゃうとあからさまだから、カモフラージュでしょ

あと、補足、普段は人は住んでないし火の気もないうえ、中央の和室付近が激しく燃えていたことから、勝浦署は何者かが室内に侵入して放火した疑いがあるとみて調べているってさ

参考動画↓

なんにしても、近所の人からしたら、ピンクハウス見学の野次馬は集まるし、放火(おそらく)されて燃えだすし、クソ迷惑な話ですね

さらに、こんなことで有名になってしまった勝浦・・・

なんにしても、酒井法子被告というか、有名人が犯罪を犯すことの社会的な影響の大きさを感じますね

秋葉原のことならアキバウェーブ

人気ブログランキングへ

    似たような記事は無いようです。。

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリのはてなブックマーク数このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをつぶやく

コメントする




過去の記事はこちらから検索

カスタム検索



人気の記事









当ブログのバナーはこちら↓
GIZAZINE
GIZAZINE

 RSS2
 ATOM
↑当ブログの購読はこちら

GIZAZINE(ギザジン)公式twitterアカウントあります。

お問い合わせはこちらからどうぞ。

One in a Million Theme by TDH & WordPress theme