柔軟性を高めるための正しいストレッチ

柔軟性を高めるための正しいストレッチ

stretching

体の柔軟性は、あって損はないでしょう。
体が柔らかければ、いざというときに怪我をしませんし、
ものを取るときなどにも便利です。

柔軟性を保つためには、週に3〜5日のストレッチが必要です。
続けることで効果が持続されます。
しかし、正しいストレッチの方法は意外と知らない方が
多いのではないでしょうか?

ストレッチは反動をつけて行ってはいけません。
反動をつけると、脳が筋肉を保護する安全装置を働かせ、
筋肉の動く範囲が制限されます。
その結果、柔軟性がより低くなります。

ストレッチは静かに、ゆっくりと行いましょう。
1回30秒を3セットほど行うと効果が出ます。
ストレッチの方法は伸ばしたいところを
伸ばす姿勢を取ればOKです。

アキレス腱などは切れると大変なので、
日頃からストレッチをして伸ばしておきたいですね。



まにゅあーる

人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリのはてなブックマーク数このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをつぶやく

コメントする




過去の記事はこちらから検索

カスタム検索



人気の記事









当ブログのバナーはこちら↓
GIZAZINE
GIZAZINE

 RSS2
 ATOM
↑当ブログの購読はこちら

GIZAZINE(ギザジン)公式twitterアカウントあります。

お問い合わせはこちらからどうぞ。

One in a Million Theme by TDH & WordPress theme