1995年のドラマ・金田一少年の事件簿は怖いシーンがグロテスク

1995年のドラマ・金田一少年の事件簿は怖いシーンがグロテスク

Bange?
Creative Commons License photo credit: angermann

金田一少年の事件簿は1995年にドラマ化されています。
主演は堂本剛でした。

私は、小学生か中学生の頃、親戚の家で見ていたのですが、かなり怖かった印象があります。
今見てみると、みんな演技がへたくそです。
大人になってみると、怖いシーンがグロテスクなのが分かります。

剣持警部はずっと山下真司が役をやっていると思っていたのですが、
実際は、古尾谷雅人で2003年に自殺しています。
山下真司は「金田一少年の殺人」の回の犯人役でした。
どこでどう誤解したのか今となっては分かりません。

なお、演出は「TRICK」の堤幸彦です。
当時からいい仕事してますね。

まにゅあーる

人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリのはてなブックマーク数このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをつぶやく

コメントする




過去の記事はこちらから検索

カスタム検索



人気の記事









当ブログのバナーはこちら↓
GIZAZINE
GIZAZINE

 RSS2
 ATOM
↑当ブログの購読はこちら

GIZAZINE(ギザジン)公式twitterアカウントあります。

お問い合わせはこちらからどうぞ。

One in a Million Theme by TDH & WordPress theme