姉ヶ崎寧々売ります


姉ヶ崎寧々売ります

neneoku

ラブプラスのおねえさんこと、姉ヶ崎寧々が売りに出されたようです。
といっても、Twitterの【neneanegasaki】というアカウントですが。。。

売り出されたのは、以前の活気はいずこへ?のヤフオクこと、Yahoo!オークション。
【姉ヶ崎寧々(彼女)のTwitterアカウント!】と表される出品は、10月 25日 23時 7分に出品されたもの。
商品説明には
>http://twitter.com/@neneanegasaki
>入金を確認したら、あなたのyahooメールのアドレスにパスワードを送信します。その後はあなたのお好きなように・・・(>_

との商品説明があるのみ。
どうやら、落札後に【neneanegasaki】というTwitterアカウントを譲渡するようです。
Twitterアカウントの売買は、今のところ問題ないようですが、推奨される行為では無いのは明らか。
今回の出品者もそれを見越してか、新規のヤフオクユーザーとして出品しているようです。

ちなみに、姉ヶ崎寧々さんはTwitter上で、3名ほど存在しています。
nene_anegasakiさんだとかanegasakineneさんです。
今回は、新たに取得したであろう【neneanegasaki】のようです。

10月31日12:00の時点での価格は、1,001円。
終了日は、11月 2日 9時 54分なので、どこまで上がるのか興味ありですね。
以前、ドメインビジネスという物が流行しましたがったが、Twitterでも同じようなことが起こるのでしょうか?

注:gizazineは、アカウント出品者とは無関係です。

リンク
姉ヶ崎寧々(彼女)のTwitterアカウント!
http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g84641095

neneanegasaki – Twitter
http://twitter.com/@neneanegasaki

「私のTwitterアカウント売ります」–Rocketboom創設者の提案が投げかける疑問
http://japan.cnet.com/special/story/0,2000056049,20371443,00.htm

その他の寧々さん
http://twitter.com/nene_anegasaki
http://twitter.com/anegasakinene
http://twitter.com/anegasaki_nene


秋葉原のことならアキバウェーブ

人気ブログランキングへ

任天堂マジコン規制強化

dstt





















任天堂がマジコン対策に本腰を入れたようです。
今までもマジコン輸入販売業者への訴訟を行っておりましたが、
雨の後のタケノコのように、対処後に再販売を行うマジコン販売業者は後を断ちませんでした。

秋葉原では、マジコン狩りが行われた2週間ぐらいは、マジコンの値段が2~4倍ぐらいに暴騰するという事態も起こりました。
今回の対策ではユーザーからの不正商品情報提供フォームも用意されました。
これに反応したのが秋葉原のマジコンゲームショップ”マジカル上海ターボ”。
急に”大人の事情”で閉店しちゃいました。
対処が早いですね。

海外から通販も出来ますが、成田の税関で止められて没収ということもあるようです。
特に、商標の入ったニンテンドーDSのがわ(クラブニンテンドー限定DSの外側)などが見つかると没収ということです。
海外通販の場合、DSTTが$6-7、SD書き換えUSBドングル付きだと、$10-13くらいです。
日本ではそれが、3~4千円で売られているので、現在ではリスキーな割に利幅が少ない商品だと思います。

ネットオークションで、マジコン本体以外を出品したりsdカードのみを販売したりといった感じで売っているようです。
また、街のレンタルボックスを利用して売っている人もいるようです。
マジコンを売るのは、リスキーかつ違法行為なので自己責任でお願いします。
また、マジコン販売を見かけたら、不正商品情報提供フォームから通報しましょう。

マジコンが注目を浴びてきたのはここ2年くらいで、それ以前にもファミコン時代からマジコンは存在していました。
スーパーファミコン、ニンテンドー64時代から秋葉原の某所やゲームラボの広告欄でこっそり売られていました。
もちろん、そこまで需要があるものでもないのとインターネットは、まだまだナローバンド時代だったので2~3万という本体と同じくらいの値段でした。
まあ、その時は不正競争防止法がなかったので、違法では無かったのですが。。。

とにかく、一般ユーザーでも容易にマジコンを入手できる状況になってしまったのは異常です。
マジコンが一刻も早く根絶することを祈るDSを持っていないCTUでした。


秋葉原のことならアキバウェーブ

人気ブログランキングへ

ゲーセンで初音ミク

プロジェクト DIVAセガが、10月5日にボーカロイド「初音ミク」を使用したリズムゲーム「project DIVA」の続編が世界初のニコニコ動画と連動したCGMアーケードゲーム「Project DIVA ARCADE」の開発を発表しました。ちなみにCGMとは「Consumer Generated Media」(消費者生成メディア)といいこのゲームにおいてはユーザが新しい音楽を作っていって皆が楽しむゲームと考えればいいと思います。

主な内容はhttp://blog.nicovideo.jp/niconews/2009/10/004896.htmlニコニコニュースに書かれているのでご覧になってください。

ニコニコニュースによると、この「Project DIVA ARCADE」のロケテストが2010年1月に予定されており、ニコニコ動画の「初音ミク -Project DIVA- 特設ちゃんねる」では、ロケテスト用の楽曲を10/15から募集開始しますと書かれておりますので、音楽に自身ある方やDTM職人の方はぜひ参加してみてください。

自分は初音ミクというかDTM自体興味ないんですが、人前でやるっていうのも恥ずかしいし、DTM・ニコニコユーザー以外お断り状態で失礼ですが、すごく稼働率低そうですね・・・まぁ結果はどうであれいつものセガのチャレンジ精神には感服しますけど・・・



秋葉原のことならアキバウェーブ

人気ブログランキングへ

コールオブデューティ モダンウォーフェア2 発売日決定


call of duty 6 modern warfare 2世界中で総売上1400万本以上売れたという化け物ソフトの続編が国内の12月10日にPS3とXbox360でスクウェア・エニックスからローカライズされ発売されることが、決定されました。

前作モダンウォーフェアは日本国内でもPC,Xbox360,PS3合わせて約20万本以上の売り上げで、国内FPS史上ベスト10に入る作品であり、その面白さは折り紙つきで、今でもオンラインプレイヤーがいるほどです。

PC板のローカライズはまだみたいですが、売り上げによってはローカライズされる可能性があると思います。

前回の販売元アクティビジョンからスクウェア・エニックスに変わったことにより、変な声優使ったり、変な規制をするんじゃないとか言う噂も聞かれますが、それは日本アクティビジョンの撤退によって版権元が移っただけであり、このコールオブデューティシリーズは毎回字幕であえて吹き替えにすることはないと思いますし、前回のモダンウォーフェアも残虐描写がなかったので改悪ローカライズにはならないとは思います。

なお、値段は7,980です。公式サイトでは日本語トレーラーが配信されていて価格と発売日が知ることができるのでご覧ください。

「コール オブ デューティー モダン・ウォーフェア2」公式サイト

また 海外サイトでは新しいトレーラーが配信されています



秋葉原のことならアキバウェーブ

人気ブログランキングへ

熱狂的ユーザーによって、ラブプラスアニメ化

loveplus_anime




















品薄状態が続く【ラブプラス】ですが、ついに熱狂的ユーザー(職人)によってアニメ化されたようです。
今回公開されたものは、小早川 凛子(こばやかわ りんこ)版のOPアニメで、完成度の高い内容になっています。
後半のクレジット部分には、ロケ地まで入ってるというこだわり。
凛子への愛が感じられます。

なお、愛花・寧々Verはまだなので、
「彼女の為なら何でも出来る!」
という、ラブ男子は是非、作成してもらいたいものです。



以上、【m ~君を伝えて~】で、最終日にヒロインから
『実は私…幽霊で死んでいたの…いままで、ありがとう。』
と言われて以来、ギャルゲーに手が出せないCTUでした。



秋葉原のことならアキバウェーブ

人気ブログランキングへ

サードパーティから突きつけられた日本ゲームの終焉?

game先週木曜から(ビジネスデイ)日曜まで行われていた、東京ゲームショーも無事終了しましたが、ゲーム業界ではあまり目立たないニュースがあったりしましたが、サードパーティーのゲーム開発者らの尾を引きそうな発言が注目されました。

まずロックマンのキャラデザで有名になり、いくつものカプコンのプロデューサーをしていた稲船敬二氏が今年のTGSはみなさんは正直どう思いましたか?僕も期待してTGS会場いったんですけど、あまりにもつまらなくて、こんなんじゃダメだと日本のゲーム業界も終わったなと。でも、終わってないのを見せるためにですねぇ、ここにデッドライジング2を用意しました。と外国人向けにリップサービスした模様です。又メタルギアソリッドの監督で有名な小島秀夫氏はKotaku記者のメタルギアの最新作PSP用ソフトメタルギアソリッドピースウォーカー(以下;PW)は海外のゲームはどのくらい「PW」のゲームデザインに影響与えましか?の問いに影響されているというか海外のゲームにしか魅力を感じない。ゲームショーも今年の御三家、『モダンウォーフェア2』と『アンチャーテッド2』と『アサシンクリード2』だけをやってたらいいかなと。日本のゲームはもちろんすばらしいのもあるとは思いますけど、僕は(世界観やゲーム性を含め)あまり興味がないし。でも、『ラブプラス』はちょっとやりたいですね。」と日本のゲームに対してジョーク交じり(?)の回答をしていました。

また小島氏は東京ゲームショーで小島監督は「なぜプレイステーション3やXbox 360ではなく、PSPで作るのか?」ということをよく聞かれるので、ここで語らせてください」と、その理由をつぎのように語った。

「当然新世代機でやりたいですし、『MGS ライジング』のチームが楽しんで作っているのを横目で見ています。でも、20年後くらいにはどこかのコンピューターにネット接続するだけでいろいろなゲームが遊べるような時代になると思うんです。外からでも家からでも。そうなるとゲームをどこでも持ち歩けるようになる。そういう時代を見越していまPSPで『MGS』を出して、そういう状況を実験したかったんです」とあまり日本の据置き機のソフトの売り上げが芳しくない、据置き機の未来を見通しての発言なのかはわかりませんが、これらのサードパーティー側の開発者にとってはこのまま先独自路線で歩んでいく日本のゲーム業界だと、衰退してゆく一方になるとして業界に対してNOを突きつけた発言ってことはいささかあると感じました。

話が変わりますが、最近ではスクエニやコナミが積極的にローカライズしてる感じがありますし、外国ゲームメーカーのEPIC GAMESが日本にスタジオを置いて日本国内で求人募集したり新作を作ったりと日本のメーカーが欧米ゲームを販売したり、欧米メーカーが、日本向けのゲームを作ったりと近頃少しずつですが欧米ゲームと日本ゲームの「壁」が壊れつつあるような気がしました。

でも日本人には、欧米ゲームというのが敷居が高くて購買層が少ないので欧米ゲームを売ってもそれほど売れない気もします・・・

秋葉原のことならアキバウェーブ

人気ブログランキングへ

 

ドラクエ6のDSリメイクを予言した男

ryu4












ドラクエ6のすれ違い通信
質問者 bonobo on 14 August 2009 23:36
秋葉原でドラクエ6のすれ違い通信が活発な場所を知っていたら教えて!

今話題の、ヨドバシ内にあるルイーダの酒場に行くと良いんじゃないでしょうか。
回答者 habarer on 20 August 2009 23:21

もれも、DQ9(ドキュソ9)だと思う。 質問者はスーファミ持って歩くおつもりか?
回答者 匿名のアキバ戦士 on 16 August 2009 23:08

まだDS版は発売してないから、すれ違いできねーよ
回答者 aramario on 28 August 2009 13:58

ドラクエ9じゃね?
回答者 netstart on 16 August 2009 10:36

0% 0%
駅構内かヨドバシですかね。
回答者 keroro on 18 August 2009 10:48

ヤフオクで買う
回答者 匿名のアキバ戦士 on 19 August 2009 23:48

0% 0%
チートコード使ってムニャムニャ
回答者 匿名のアキバ戦士 on 20 August 2009 9:37

実は、新宿
回答者 匿名のアキバ戦士 on 30 August 2009 22:55

駅改札口に一日中立ってる
回答者 匿名のアキバ戦士 on 24 August 2009 23:48


予言者様によると、すれ違い通信も実装するそうです。。

アキバウェーブ –  ドラクエ6のすれ違い通信
http://akibawave.com/index.php/question/be9f10e2c46b7face84c926d5693acfc


秋葉原のことならアキバウェーブ

人気ブログランキングへ

 

ページ: 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 次へ



過去の記事はこちらから検索

カスタム検索



人気の記事









当ブログのバナーはこちら↓
GIZAZINE
GIZAZINE

 RSS2
 ATOM
↑当ブログの購読はこちら

GIZAZINE(ギザジン)公式twitterアカウントあります。

お問い合わせはこちらからどうぞ。

One in a Million Theme by TDH & WordPress theme