タイに行ったらムエタイよりも


タイに行ったらムエタイよりも

セパタクロー

タイ旅行に行ったら、もう定番とも言えるムエタイ観戦ツアーに参加するでしょう。
実際
「K-1のような激しい試合が毎晩繰り広げられているのだろうなぁ。凄いなぁ。。」
なんて、思って行くと思いっきり肩すかしを食らうことになるでしょう。
なぜなら、ムエタイの試合は独特の判定基準で行われ、はじめの1~2ラウンドは、選手同士ほぼ様子見といった感じで、お互いに相手の実力を探り合うからです。
これは外野にいる中華系タイ人の賭けに気を遣っている部分もありますが、我々から見るとなんとなくやる気の内容に感じ、萎えてしまうでしょう。

ムエタイは実際にジムに行き、練習に参加する方が楽しかったりします。
そこら辺はふにくらすぽくらさんの方にムエタイ体験記があるので、参照していただくとして、タイに行ったら何を見るのがオススメでしょうか?
ずばり、セパタクローです。
セパタクローとは、2人もしくは3人制の足のみを使ったバレーボールのようなもの。
使用するボールは、竹を編んだものが基本だが、公式ボールはそれよりも強度が強いプラスチック製のボールが使用されます。

足でバレーボールをするようなものなので、当然のごとく打点は高く高くなります。
つまり、オーバーヘッドキックやカンフー映画のようなアクロバティックな蹴りが常時繰り出されるのです。
この迫力はユーロ圏のparkour(パークール)のような爽快感もあり、ルールも我々にとって理解し易いので、セパタクロー観戦はオススメです。

セパタクローは、テレビで夕方に中継をやっていたり、近くの公園で練習する様子が見られます。
ボールは竹製のものが土産物屋で30~80Bくらいで売っているので、値引き交渉しつつお土産にどうぞ。

まにゅあーる

人気ブログランキングへ

MTV クレイジースタント番組 Nitro Circus

nitrocircus

MTV で絶賛放送中の番組【Nitro Circus】って知っていますか?
内容はというと、スケートボード、バイク、三輪車とかでクレイジースタントを決めるといった内容。

こんな企画誰が考えたんだと、調べてみて納得。
【Jackass】で有名なジョニー・ノックスヴィル。
あまりに顔が売れすぎて思うような活動ができないと語っていたジョニー。
裏方で活動していたのね。。

ジャッカス、TEMPURA好きな人ならナイトロサーカスにもハマるはず。。!!!

放送時間は、MTV Nitro CircusのページでCheck!

Nitro Circus公式ホームページ
http://nitrocircus.com/

まにゅあーる

人気ブログランキングへ

Twitterで流行!?のSpymasterとは?

spymaster

ある日、Twitterをやっていると見知らぬフォロワーからダイレクトメッセージが。
「Spymasterや・ら・な・い・か?」
そんなわけで、ホイホイとリンクをクリックしてしまったのだ。

Spymasterとは、Web上でTwitterアカウントと連動するゲーム。
内容はというとギャング映画やOO7(ダブルオーセブン)のような、裏家業のゲーム。
今はまだ全部英語のClosed bata。
参加するのは、Twitterから紹介を受けるのが一番手っ取り早い。

基本的にそこまで面白いゲームでもないクソゲーみたいな。
まあ、暇つぶしにどうぞ的なゲームである。

リンク
Spymaster
http://playspymaster.com/

まにゅあーる

人気ブログランキングへ

インドのじゃんけん???

coconut & ary
Creative Commons License photo credit: ps_sahana

中学生の時、友人が急に
「インドのじゃんけんをしようと言いだした」

???

インドのじゃんけんとはいったい
まったくわからなかったが説明を聞き、実践
掛け声は知らないらしく
「インドのじゃんけん、じゃんけん、ポイ」と

おっと、最終的に日本の掛け声かい
今では気になるが当時はそんなこと全く気にしていなかった
そして、そんなにはっきりは覚えていないが
インドのじゃんけんは数か月は流行っていたと思う

察しの言い方はお気づきかと思いますが
ここまで、どうやるのか書いてません、いやあえて書きませんでした

気になった方はこちらで確認どうぞ
まにゅあーる

補足
ちなみに、友人は勘違いをしていたのか、中学生の情報なんてそんなものなのか
正確には
インドのじゃんけん、ではなく、インドネシアのじゃんけんでした。チャンチャン

まにゅあーる

人気ブログランキングへ


一日一回運試し【ニャロメおみくじ】どうぞ

こちらがそのおみくじです
一日一回、その日の運試しにどうでしょうか

まにゅあーる

人気ブログランキングへ

    似たような記事は無いようです。。

ディズニーランドはアメリカ文化の原点で心のふるさと

sleepingbeautycastle50

ディズニーランドは米国人にとって、単なる娯楽施設や遊園地ではありません。
日本人が遊びに行くのとは全く異なる心理が働いています。

アメリカ合衆国は1776年に独立した新しい国です。
ですから、伝統文化といえるものも比較的新しいものになります。

例えば、ディズニーランドには19世紀末から20世紀初頭の街並みが再現されています。
いわゆる古きよきアメリカが表現されているのです。

これは、日本人が京都に旅行に行くのと同じです。
つまり、心のふるさとが米国人にとっては100年前のものであり、
日本人にとっては1000年前のものであると言う相対的な違いなのです。

アメリカ人がこぞってディズニーランドに行く理由は懐かしさを求めている点にあります。
日本人が新しさなどを求めているのとは根本的に異なります。

まにゅあーる

人気ブログランキングへ

    似たような記事は無いようです。。

ファミリードンジャラ卒業して麻雀への移行

俺は中学の時先輩のやってるの見て麻雀知った
ただ、その時はまだ役知らないどころか
ルール全く知らない
当たり前だね、見たの初めてだもん

さらに、その時はたいして興味なかった

本格的に麻雀やったのは、高校入ってから
高1の時誘われてやりだした

まず
イー、リャン、サン、スー・・・って数え方覚えて
次に
ワンヅ、ソーヅ、ピンヅ、・・・って牌の名前覚えて
それでもう実戦

最初は覚えやすい
ピンフ、タンヤオ、イーペーコーとか覚えといてそれだけ狙い続ける

その後、勉強して役覚えて、点数計算覚えて
やりまくったけどもうほぼ覚えてない
役数種がいいとこかな

ちなみに、自分の読んだ本には麻雀の面白さとはってことでこんな文が
サザエさんの家庭中心主義者、マスオさんでさえ麻雀となれば口実をつくって帰宅時間をのばすほどである
って書かれてた

まだやったことない人、興味持った人ぜひやってみよう

まにゅあーる

人気ブログランキングへ

    似たような記事は無いようです。。

ページ: 前へ 1 2 3 4 次へ



過去の記事はこちらから検索

カスタム検索



人気の記事









当ブログのバナーはこちら↓
GIZAZINE
GIZAZINE

 RSS2
 ATOM
↑当ブログの購読はこちら

GIZAZINE(ギザジン)公式twitterアカウントあります。

お問い合わせはこちらからどうぞ。

One in a Million Theme by TDH & WordPress theme