カントリーロードは民謡ではない


カントリーロードは民謡ではない

カントリーロードはジブリ映画「耳をすませば」に登場する歌です。
邦訳版は1995年に発売されたようです。

私はてっきり、この歌はアメリカの民謡か何かだと思っていました。
調べてみると、1971年にアメリカで発売されたそうで、ポップスなんですね。
ジョン・デンバーの代表作です。

民謡か何かだと思っている歌でも、最近の作品は結構ありますね。
「めだかの学校」は1950年、つまり戦後の歌です。
こんなに新しいものだとは思いませんでした。

ロックが生まれたのは1950年代だそうです。
昔からあるようでも結構最近のことなんですね。

まにゅあーる

人気ブログランキングへ

    似たような記事は無いようです。。

聖徳太子の中国への手紙

prince_shotoku

聖徳太子が、
「日出る処の天子、書を、日没する処の天子に致す。」
と言う手紙を中国に送ったら激怒されたと言う有名なエピソードがあります。

日の昇る国の天子から日の落ちる国の天子へと言うことなんですが、
中国の皇帝が怒った理由が誤解されているようです。

別に「日が沈む国」と言う部分に怒ったわけではありません。
「私も天子、あなたも天子」と言うことで怒ったのです。

当時、中国には中華思想があり、中国以外の国は属国であると言うことになってました。
にもかかわらず、聖徳太子が日本も中国も対等であると言うような手紙を送ったから、
怒ったのです。

なお、今では中華思想は公的にはなくなったそうです。
しかし、漢民族の心の中には残っているかもしれません。
よく知りませんが。

またいい加減なことを言ってしまった・・・

まにゅあーる

人気ブログランキングへ

    似たような記事は無いようです。。

スキニーとは肌にぴったりとつくようなズボンのこと

skinny20080428

ストレッチジーンズが開発されたので、必然的にスキニージーンズがはやりました。
まあ当然の流れです。
ジーンズは発売以来いろいろ形を変えてきました。
かつて、ブーツカットが大流行したりもしました。

次は何がはやるかを考える前に、そろそろジーンズ自体が滅亡するのではないかと
予想する人もいるのではないでしょうか?

ジーンズは日曜日に町を歩くと2人に1人がはいています。
あり得ないくらいみんなで同じ格好をしてるのです。

そろそろ形も出尽くしましたし、
いい加減ジーンズ自体やめようという動きになるのではないでしょうか?

みんなでインディゴブルーはやはりおかしいですよね。
みんなでネクタイにスーツもおかしいんですが、
あれはフォーマルだからまだよしとして、カジュアルまで統率されているのはどうかと思います。

ファッションは多様でなければなりません。

まにゅあーる

人気ブログランキングへ

    似たような記事は無いようです。。

邦楽(J-POP)と洋楽では周波数が違う

皆さんは邦楽聞きますか?J-POPとも呼ばれますね。

いつの間にか洋楽がCDショップの大部分をしめるようになりました。
なんか、本物の音楽と言えば海外みたいな流れですね。

でも、洋楽は聴くけど邦楽は全く聞かない人もいれば、
反対に邦楽しか聞かない人もいるのではないでしょうか?

どうやら、声の周波数に日本人と欧米人では違いがあるようです。
日本語はだいたい125ヘルツから1.5キロヘルツ何ですが、
英語はだいたい2キロヘルツから12キロヘルツと非常に高いんです。

この周波数の違いが耳にあうかあわないかで、洋楽派と邦楽派が分かれているようです。

まにゅあーる

人気ブログランキングへ

イラクに見る国家の進化

050602-M-3301A-020

国家というのは徐々に進化するものだと思います。
貴族制→封建制→絶対王政→革命→原始資本主義→修正資本主義
のようにです。
植民地支配を受けなかった国々は軒並みこの流れに従っています。
日本も若干違いますがだいたいこの通りです。
平安時代は貴族制でしたし、江戸時代は封建制、明治から昭和の戦前までは絶対王政でした。
日本は革命が起きなかったので、現在は半端な修正資本主義です。

植民地支配を受けた国は、だいたい、
植民地→独立軍事独裁国家→独裁大統領制→民主的大統領制
という風になるようです。

イラクは、サダム・フセイン氏の時代までは独裁大統領制でした。
このままおとなしく進化を続けていれば、そのうち民主的大統領制に移行したことでしょう。
しかし、米国が余計な横やりを入れたばっかりに、統一国家ですらなくなってしまいました。
植民地前の状態に逆戻りです。
米国はイラクを植民地化しなければなりません。しかし、逃げてしまいましたね。
あとは、イラク国民が自力で貴族制をたて(おそらく宗教指導者を貴族とする)、
封建制に移行し、絶対王政(現実的には独裁大統領制)を樹立し、
わざわざ革命という痛手を負い、資本主義にならなければなりません。
500年はかかるでしょう。もう少しで、民主的大統領制だったのにです。

まあ、民主化しない方が、米国にとって都合がいいのでしょう。
全く困ったものです。

まにゅあーる

人気ブログランキングへ

    似たような記事は無いようです。。

青年期における革命の幻想

青年期。
それは少年期を脱し、社会の一角に居場所を見つけるまでの猶予期間だ。

青年期には人は一般に、自分は何でもできると信じている。
例えば国家の転覆から、世界征服まで。
だからこそ、60年代、日本の学生は革命を信じて全共闘にいそしんだのだ。

また、アフガニスタンのタリバンにしても彼らは学生、つまり青年だった。
彼らは内戦が続くアフガニスタンの内情を憂い、アフガンの統一を目指して革命を起こした。

このように成功するにせよ、しないにせよ、学生などの青年層は常に革命を信じている。
しかし、社会に自分の居場所を見つけると、つまり就職したりすることによって、
青年は成人へと脱皮する。
成人になると、彼らは大衆として振る舞うようになる。

他人と同じであることに喜びを感じ、他人を模倣し、付和雷同するのである。

大衆となるか永遠の青年として生きるか。
ここに人生の大きな種別がある。

まにゅあーる

人気ブログランキングへ

    似たような記事は無いようです。。

喉にも効くよ!タイガーバーム

いやー、一昨日くらいから喉に違和感があり、鼻水が。。。

熱はないので、豚インフルではなさそう。。。

感染元として思い当たるのはスポーツクラブのトイレで、咳き込んでいるじいさんの後ろを通ったことと、
マシンで他人の汗に触れたこと。

喉が痛いのでしかたなく、匂いが強烈なタイガーバームを塗り塗り。
効きました!
タイガーバームってなんにでも効くんだな~。
仕方がないので、今日は自宅待機ですな。。。

まにゅあーる

人気ブログランキングへ

    似たような記事は無いようです。。

ページ: 前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ



過去の記事はこちらから検索

カスタム検索



人気の記事









当ブログのバナーはこちら↓
GIZAZINE
GIZAZINE

 RSS2
 ATOM
↑当ブログの購読はこちら

GIZAZINE(ギザジン)公式twitterアカウントあります。

お問い合わせはこちらからどうぞ。

One in a Million Theme by TDH & WordPress theme