尖閣沖中国漁船衝突ビデオへのリンクを紹介


尖閣沖中国漁船衝突ビデオへのリンクを紹介

Nepal Protest
Creative Commons License photo credit: SFTHQ

youtubeに流出してしまった【尖閣沖中国漁船衝突ビデオ】へのリンクを紹介
なお、2010/11/05正午の時点でのリンクです、
それ以後は、削除されている可能性もあります。

youtube
本当の尖閣 海上保安庁1(中国による日本侵略)
http://www.youtube.com/watch?v=n6x_A_xbPCs
尖閣の真実 海上保安庁2(中国による日本侵略)
http://www.youtube.com/watch?v=m8TlUzBOI2g
尖閣侵略の真実 海上保安庁3(中国による日本侵略)
http://www.youtube.com/watch?v=N0ybBeIEU88
本当の尖閣 海上保安庁4(中国による日本侵略)
http://www.youtube.com/watch?v=_Tvn-UGtnho
日本の尖閣 海上保安庁5(中国による日本侵略)
http://www.youtube.com/watch?v=qZ1xKJygZOs
どうなる尖閣 海上保安庁6(中国による日本侵略)
http://www.youtube.com/watch?v=fmkILjaq9X4

尖閣諸島中国漁船衝突事件 流出ビデオ 1/6
http://www.youtube.com/watch?v=7t1Z7CuFWxI
尖閣諸島中国漁船衝突事件 流出ビデオ 2/6
http://www.youtube.com/watch?v=fPN7nlPCdSo
尖閣諸島中国漁船衝突事件 流出ビデオ 3/6
http://www.youtube.com/watch?v=uPq7PeoX3wg
尖閣諸島中国漁船衝突事件 流出ビデオ 4/6
http://www.youtube.com/watch?v=1Di8406Z474
尖閣諸島中国漁船衝突事件 流出ビデオ 5/6  !!衝突場面有り!!
http://www.youtube.com/watch?v=M3H-A7rB3wo
尖閣諸島中国漁船衝突事件 流出ビデオ 6/6
http://www.youtube.com/watch?v=ymdtwN-nh4c

本当の尖閣 海上保安庁1
http://www.youtube.com/watch?v=mTSfT_yG6A0
尖閣の真実 海上保安庁2
http://www.youtube.com/watch?v=dSI5r0kQpqY
尖閣侵略の真実 海上保安庁3
http://www.youtube.com/watch?v=Q2gSOq9hxjU
どうなる尖閣 海上保安庁6
http://www.youtube.com/watch?v=T_EvPOuqX4I

本当の尖閣 海上保安庁1.flv
http://www.youtube.com/watch?v=8oSEYfHexSE
尖閣の真実 海上保安庁2.flv
http://www.youtube.com/watch?v=r35JC2Os944
尖閣侵略の真実 海上保安庁3.flv
http://www.youtube.com/watch?v=DZBxI0Kji7s
本当の尖閣 海上保安庁4.flv
http://www.youtube.com/watch?v=TSaJRa7mjNo
日本の尖閣 海上保安庁5.flv
http://www.youtube.com/watch?v=PX7vqnOl4qA
どうなる尖閣 海上保安庁6.flv
http://www.youtube.com/watch?v=y_z91AIR4wQ

Senkaku Islands Chinese fishing boat collision event
http://www.youtube.com/watch?v=ccAiKvpYGg0


ニコニコ動画
本当の尖閣 海上保安庁1
http://www.nicovideo.jp/watch/sm12648731
尖閣の真実 海上保安庁2
http://www.nicovideo.jp/watch/sm12648818
尖閣侵略の真実 海上保安庁3
http://www.nicovideo.jp/watch/sm12648910
本当の尖閣 海上保安庁4
http://www.nicovideo.jp/watch/sm12649050
日本の尖閣 海上保安庁5
http://www.nicovideo.jp/watch/sm12649152
どうなる尖閣 海上保安庁6
http://www.nicovideo.jp/watch/sm12649193

人気ブログランキングへ

期待しすぎるなよみんな、あと俺も

Next 17 miles...
Creative Commons License photo credit: stevelyon

民主党が政権をとったこれで、日本は劇的に変わるのかもしれない。
いわゆる、CHANGEできるのか?実際、何が変わるのか?

高速道路無料化→でも、そんなに頻繁に高速には乗らない。
無料化によって引き起こされる渋滞に巻き込まれる恐れがありむしろ、迷惑?
今まで、乗らなかった人間も無料ならと乗るようになり事故増加?

子供手当月額2万6千円→うちには、何も支給されない、まぁそれはしょうがないとしても、一律支給ってのはどう考えてもおかしい。
給食費も払わず携帯電話代は月数万なんていう、お金に余裕のある(?)常識のない家庭にまで支給されるらしい。

脱官僚→官僚の、いや公務員の制度改革。
大いに結構、どんどん、やるべきだと思います。が、やっぱり、?がついてしまう、何やら、天下りを廃止していくために、公務員の定年を65歳に設定するとか。
民間では60歳で定年後は、年金受給年齢までの5年、ロスタイム的に契約社員や後任の育成係として再雇用してくれる企業も増えている。ただ当たり前だが今までと同じ月給というわけにはいかない。
それを公務員は65歳まで雇用を確保してもらえる。

公務員改革についてさらに言えば、地方公務員はどうするの?という問題がある。
そもそも、少子高齢化、人口減少の可能性のある日本には、もうそんなに公務員ははいらないんじゃないかと思うのは俺だけ?

あと、現在の国家公務員はの給料設定の計算は、たしか、働き人口の1割にも満たない大企業の給料を元に、これが一般企業の、一般市民のお給料ですってことで自分たちの給料を計算するらしい。

年金→受給資格、現行の25年ルールを10年に縮める、大いに結構。でも、セーフティネットとか言って、払わなかった人も何とか救う的な話は納得いかない。
真面目に払った人間が馬鹿を見る。
まぁ、現時点でも、国民年金より生活保護のほうが多いという異常な状態だが。
つまり、年金は払わないほうが良いってことになってしまっている、この現実をどう訂正するのか?

まだ、何かあった気がするけどこの辺で

ちなみに、誤解のないように言っておきますが、旧政権(自公)のままでいいとは思ってなかった。
あまりに長く権力を持ちすぎたため感覚がマヒしてしまっていたと思う。
でも、政権が変わったからと言ってすぐに何か劇的な効果が表れると思うのは間違い

でも、酷な話だが、国民(自分も含む)は即効性のあるものを期待してしまう、そして、数ヶ月後(年内かな)に何か目に見えた効果がないと、やっぱり、駄目かって話になってしまうと思う。
で、そんな空気が流れ始めると、マスコミがそこに、油を注ぎに来る。
民主党の闇、みたいな話をつくって

大きな期待、けど、勝手に期待しすぎて、気づくと失望に変わっているなんてことも。「山高ければ谷深し」みたいな

期待はほどほどに


まにゅあーる

人気ブログランキングへ


新しい形での党首討論は万民に普及するのか?

ニコニコ今日は自民党の麻生太郎と民主党の鳩山由紀夫のインターネット党首討論がニコニコ動画で生放送16:30から始まったらしいんですが、(再放送は22:30)はたしてこういう放送は今後流行るのかどうかです。

お年よりはまずPCの扱い方がわからない人が多いのでまず、流行らないし、若者のとかはPCは使えるが政治に興味が無い人が多いのであまり流行らないということは、中年あたりが多く見るのではないかな・・・かと思っております。なにせ2ちゃんねるとかも30代40代ぐらいの人が一番多いので・・・

ところで民主よりのテレビも気持ち悪いんだが、自民よりのニコニコ動画とかも工作員ばかりで気持ち悪いなぁとおもったら、ニワンゴ・ニコニコ動画の開発、保守「株式会社エクストーン」麻生将豊取締役(麻生首相の息子)、ニコニコ動画を提供している「ドワンゴ」麻生巌取締役(麻生首相の甥)が内部にいるんで、ニコニコ動画は華麗なる一族に支配されて自民よりになって自民工作員がうじゃうじゃ沸いているのは当たり前ですw

でいま、丁度党首討論を見ているんですが、鳩ぽっぽさん歯切れ悪いですねぇ、というかこの人党首向いてないとしか思えないのに何で党首になったんだろう。リーダー肌じゃないし、弟以上の電波さんだし・・・もしかして・・・フリーメーソンの陰謀だったりですんですかねぇ・・・まぁ案の定、工作員による鳩ぽっぽさんの中傷が多くて逆に安心しました。

 


まにゅあーる

人気ブログランキングへ

 

 

    似たような記事は無いようです。。

どぶ板選挙は禁じられた戸別訪問か?

2007福岡県知事選挙
Creative Commons License photo credit: NightingaleJ

まもなく行われる総選挙。
ニュースでは「大物議員もどぶ板選挙を強いられている。」と言っていました。
この「どぶ板」って何でしょうか?

調べてみると、どぶ板とはどぶのフタだそうです。
道路の脇にはどぶがあります。それを閉じているのがどぶ板です。
つまり、どぶ板選挙とは、道路の脇を歩いて、一軒一軒家を回って挨拶すると言うものです。

しかし、選挙において戸別訪問は禁止されています。
では、どぶ板選挙は違法なのかというとそうではありません。
実際は戸別訪問をせずに、家の人に外に出てきてもらって、握手や挨拶をするようです。
回りくどいですね。

もし、戸別訪問を受けたら、迷わず選挙管理委員会に通報しましょう。

まにゅあーる

人気ブログランキングへ

東京都議会選挙の啓発運動として、選管が手ぬぐいを配っている。

tsutaya-kofuminami

まもなく、東京都議会議員選挙が行われます。
実はもう、期日前投票は行われているわけですが。

ところで、昔、選挙管理委員会がTSUTAYAで手ぬぐいを配っていたのをご存じでしょうか。
「レンタルをご利用になった20~30歳代の方に、パパイヤ鈴木イラスト入りオリジナル手ぬぐい」(東京都選挙管理委員会ホームページより)
を配っていたようです。
中立のはずの選管がなぜ、ツタヤなんでしょうか?
しかもレンタルした人だけって、むしろツタヤのキャンペーンじゃないですか。

きっとクレームがあったんでしょう。今回は無いようです。

まにゅあーる

人気ブログランキングへ

世界を事実上支配している民族アングロサクソンはエシュロンで世界中の通信を傍受している

menwith-hill-radome

エシュロンをご存じでしょうか?
これは世界中に張り巡らされた通信傍受システムで、日本にもアンテナがあります。
このエシュロンネットワークに参加できるのは、アングロサクソンの国だけです。
日本にはアンテナはあるものの日本は参加していません。

アングロサクソンというのはほぼイギリス人と重なります。
彼らはイギリス・アメリカ・カナダ・オーストラリア・ニュージーランドの主要民族です。
これらの国はいずれも先進国です。
特にアメリカは軍事でも科学でも世界一といえるでしょう。

このアングロサクソン族はどうやら世界を支配しているのは自分たちだと思い違いをしているようです。
根強い差別思想があります。
例えば、捕鯨問題がありますが、アングロサクソン族は牛を屠殺して食べているにもかかわらず、
黄色人種である我々日本人の捕鯨は反対しています。
実際、現在行われているのは調査捕鯨のみで商業捕鯨はアングロサクソン族の反対のためできていません。

この様にアングロサクソンは事実上世界を支配しているのです。

まにゅあーる

人気ブログランキングへ

    似たような記事は無いようです。。

アラブ人はネクタイを偶像崇拝の象徴だと言って付けない。

krawaty

アラブ人はネクタイを付けません。
彼らはネクタイを偶像崇拝の象徴だと言います。
よく分かりませんが、確かに、テレビや新聞の写真を見る限り、
アラブの人々はネクタイをしていません。

でも、エジプト人は結構ネクタイを着けているようです。
また、エジプトではビールも飲むようです。
エジプトは比較的寛容なんですね。

ちなみに、サウジアラビアは親米国家なので、エジプトと同じようにゆるいのかなと思いきや、
実はいまだに絶対王政のかなりきつい国です。
ネクタイも絶対しませんし、女性は目以外は全て隠さなければなりません。

米国は、民主的でない国は全て民主的にしようという正義の国ではありません。
気に入らない国はつぶし、都合のいい国は保護するという昔ながらの国益最優先の国です。
だから、フセインのイラクはつぶしても、絶対王政の親米国家サウジアラビアはつぶさないのです。

まにゅあーる

人気ブログランキングへ

    似たような記事は無いようです。。

ページ: 1 2 次へ



過去の記事はこちらから検索

カスタム検索



人気の記事









当ブログのバナーはこちら↓
GIZAZINE
GIZAZINE

 RSS2
 ATOM
↑当ブログの購読はこちら

GIZAZINE(ギザジン)公式twitterアカウントあります。

お問い合わせはこちらからどうぞ。

One in a Million Theme by TDH & WordPress theme