タイに行ったらムエタイよりも


タイに行ったらムエタイよりも

セパタクロー

タイ旅行に行ったら、もう定番とも言えるムエタイ観戦ツアーに参加するでしょう。
実際
「K-1のような激しい試合が毎晩繰り広げられているのだろうなぁ。凄いなぁ。。」
なんて、思って行くと思いっきり肩すかしを食らうことになるでしょう。
なぜなら、ムエタイの試合は独特の判定基準で行われ、はじめの1~2ラウンドは、選手同士ほぼ様子見といった感じで、お互いに相手の実力を探り合うからです。
これは外野にいる中華系タイ人の賭けに気を遣っている部分もありますが、我々から見るとなんとなくやる気の内容に感じ、萎えてしまうでしょう。

ムエタイは実際にジムに行き、練習に参加する方が楽しかったりします。
そこら辺はふにくらすぽくらさんの方にムエタイ体験記があるので、参照していただくとして、タイに行ったら何を見るのがオススメでしょうか?
ずばり、セパタクローです。
セパタクローとは、2人もしくは3人制の足のみを使ったバレーボールのようなもの。
使用するボールは、竹を編んだものが基本だが、公式ボールはそれよりも強度が強いプラスチック製のボールが使用されます。

足でバレーボールをするようなものなので、当然のごとく打点は高く高くなります。
つまり、オーバーヘッドキックやカンフー映画のようなアクロバティックな蹴りが常時繰り出されるのです。
この迫力はユーロ圏のparkour(パークール)のような爽快感もあり、ルールも我々にとって理解し易いので、セパタクロー観戦はオススメです。

セパタクローは、テレビで夕方に中継をやっていたり、近くの公園で練習する様子が見られます。
ボールは竹製のものが土産物屋で30~80Bくらいで売っているので、値引き交渉しつつお土産にどうぞ。

まにゅあーる

人気ブログランキングへ

中国で一番人気のアニメ

中国というと、コシヒカリやクレヨンしんちゃんの商標が、すでに取得されていて裁判したけどダメでした。
みたいな、商標取った者勝ち~みたいな感じで日本から相当反感を買っているお国。

そんな中、たまたま中国の小姐から聞いたお話を。
なんでも、中国で一番人気のあるアニメ【喜羊羊与灰太狼】の映画版を見てきたというのだ。

e5969ce7be8ae7be8ae4b88ee781b0e5a4aae78bbce4b98be7899be6b094e586b2e5a4a9

中国の映画といって、我々日本人がまず想像するのが、ジャッキー映画。
次は【グリーンディスティニー】とか【少林サッカー】ぐらい。
つまり、ほとんどがシャンガン(香港)産の映画。
大陸産の映画を挙げるとすれば、【始皇帝暗殺】とか【西遊記】ぐらいなわけ。

で、どういう内容なのかyoutubeで軽く見てみるアンパンマンのいないアンパンマン+クレヨンしんちゃん÷2的な感じ。
絵自体はかなり子供向けだけど、子供向けに作られているのだからそれも納得。
なんでも、レッドクリフpart2よりも興行成績が良いのだとか。
日本でも今はエヴァンゲリオンが1位だし、アニメの実力ってまだまだ計り知れないな。

まにゅあーる

人気ブログランキングへ

マイケル・ジャクソンの曲が聴ける!ダンスが見られるサイト

michaeljackson

websites that do your homework


























マイケル・ジョセフ・ジャクソンの追悼して、マイケルの曲が聴けるネットラジオを紹介します。

再生には、WMPが必要だったり、WINAMPが必要だったりと様々です。

マイケルジャクソンレディオ.com
websites that do your homework
↑ストリーミングラジオ放送

オールマイケルジャクソン.com

↑動画が見られます。

合掌.

まにゅあーる

人気ブログランキングへ

    似たような記事は無いようです。。


 iTunes Store(Japan)

アラブ人はネクタイを偶像崇拝の象徴だと言って付けない。

krawaty

アラブ人はネクタイを付けません。
彼らはネクタイを偶像崇拝の象徴だと言います。
よく分かりませんが、確かに、テレビや新聞の写真を見る限り、
アラブの人々はネクタイをしていません。

でも、エジプト人は結構ネクタイを着けているようです。
また、エジプトではビールも飲むようです。
エジプトは比較的寛容なんですね。

ちなみに、サウジアラビアは親米国家なので、エジプトと同じようにゆるいのかなと思いきや、
実はいまだに絶対王政のかなりきつい国です。
ネクタイも絶対しませんし、女性は目以外は全て隠さなければなりません。

米国は、民主的でない国は全て民主的にしようという正義の国ではありません。
気に入らない国はつぶし、都合のいい国は保護するという昔ながらの国益最優先の国です。
だから、フセインのイラクはつぶしても、絶対王政の親米国家サウジアラビアはつぶさないのです。

まにゅあーる

人気ブログランキングへ

    似たような記事は無いようです。。

シアーズ・タワーの世界最高スカイブリッジは全面ガラス張り

sears_tower_ss

Sears Towerには世界で最も高いスカイブリッジがあります。
地上103階に作られており、全面ガラス張りです。
足下もガラス張りなので、空に浮いている感じが楽しめます。

スカイブリッジと言っても数十cmビルから飛び出しているだけで、
橋にはなっていません。

人がもっとも恐怖を感じる高さは12mだそうですが、
やはり怖いと思います。
関係者によると40回くらい乗れば慣れるそうです。

元ネタはこちら。

まにゅあーる

人気ブログランキングへ

スカイプ(skype) で、国際交流 in チャイニーズ

Shanghai-pigeons-People-Square-Park
Creative Commons License photo credit: bernardoh

ある休みの夜のことだった。
いつものように、インターネットを楽しみ、56kモデムのテレホタイム時代をなつかしながらネットサーフィンをしていると 、突然電話が鳴った。
電話と行ってもネットを使って無料通話のskypeだ。
「どうせ、友人の誰かだろう。」
と、と思いスカイプを開いた。

すると、見知らぬネットハンドルネームの人物からのスカイプだった。
とりあえず、プロフィールを表示してみる。
どうやら、中国人のようだ。
ただ、中国人と行っても華僑含め、大陸、香港、台湾といっぱいいる。
とりあえず、
「詐欺でもなんでも試してみるか。」
と酒が入っていた俺はコールを受けることにした。
「ニーハオ!」
大学時代に少しだけ習った拙い中国語で挨拶してみる。
「・・・・」
反応がない、ただの屍のようだ。
『今晩は』
そう、チャットで来たのである。
分かったことは、自称22歳の小姐(シェオジェ)だということ。
よくある結婚相手を探し出して、日本国籍をゲットしたらドロンなのか!?と警戒したがどうやらそうではないらしい。
以下、小姐&俺で進行。

小姐『きょうは貴方に日本語を習いたいですね』
俺(いつも習ってんのかよっ!)
俺「何の日本語が知りたい?」
俺「ハッソンとかですか?」
小姐『今日はマイクがありません』
小姐『すみませんね』
俺「我、承諾」
俺「Why call my skype?」
俺「日本語はどこで習ったんですか?」
小姐『中國のXXX(地名)が知っていますか』
俺「知りません。」
俺「私は中国は、台湾と香港と北京にしか行ったことはありません。」
小姐『そうですか』
小姐『今 XXX(地名)で仕事ですね』
俺「日本の何が知りたいですか?」
小姐『マナーや金型や知りたいです』
小姐『日本の金型は世界で素晴らしいですよ』
俺「!?」
日本で流行している髪型のHPを教える俺。
反応がない。。。
俺「金型?プレス?」
俺「金型でもいろいろあるので、具体的にkwsk」
小姐『プラスチックの金型ですね』
すかさず、ググってやる俺。
さらに、ビジネスマナーのホームページも教えてやる俺。
どんなことでサービス精神旺盛なのが俺の欠点だ。
小姐『貴方は 素晴らしいですね 何にもできますよ
久々に人にほめられテンションが上がる俺。
俺「わかっています。テレ」
小姐『私は営業で担当ですね』
俺「私はシステムエンジニアです。」

その後、秋葉原は綺麗な街ではなく、野郎率が88%ぐらいだとか、日本では三国志が人気だとか他愛もない会話をする俺。
日本は景気が悪いと伝えると、中国も景気は悪いが、だんだん良くなっているとのこと。
おそらく、会社から日本の金型技術について調べてこい的なことを言われたらしく、たまたまオンラインだった俺にスカイプしてきたという訳らしい。
これ以上、日本の技術を中国へ流出させるのは嫌だったが、ググれば簡単に出ることを日本人に直接聞いてきた行動力だけは見習いたい。
皆さんはSkypeで見知らぬ人から電話が来たらどうしますか?

まにゅあーる

人気ブログランキングへ

不正アクセス対策として米国がサイバー軍創設

アメリカ軍がサイバー軍を設立すると発表した。
中国やロシアなどからの不正アクセスを防ぐのが目的と見られる。

ハッカーが捕まったら軍法会議にかけられるのだろうか?
ハッキングしただけなのにいい加減な裁判にかけられるというのは、
なんとも困ったことである。

いや、別に私がサイバー攻撃を仕掛けようとしている訳じゃなく。

ただ、ハッカーは米国の遠くから攻撃を仕掛けるのだから、捕まえようがない気もする。

サイバー軍は屈強な男達が占めるわけではないのだろう。
きっと軍なのに日陰のもやしのような人々が集合する特殊な軍になるのだろう。

まにゅあーる

人気ブログランキングへ

    似たような記事は無いようです。。

ページ: 前へ 1 2 3 4 5 次へ



過去の記事はこちらから検索

カスタム検索



人気の記事









当ブログのバナーはこちら↓
GIZAZINE
GIZAZINE

 RSS2
 ATOM
↑当ブログの購読はこちら

GIZAZINE(ギザジン)公式twitterアカウントあります。

お問い合わせはこちらからどうぞ。

One in a Million Theme by TDH & WordPress theme