黒すぎる芸能界の疑惑


黒すぎる芸能界の疑惑

酒井法子 関係図まず、最近ノリピー報道で賑っておりますが、テレビでは報道できない情報がネット上でいろいろ飛び交っております。押尾先生の事件で関わった暗部のもみ消しのためにノリピーが人身御供に晒されたとか、自民変更報道を防止作として時間稼ぎのために、検察と警察が手を組んで政治以外のニュースに報道の目を向けさせる作戦だとか、よくもまあみなさん面白い考えが浮かびますよね。

ここでネット情報を総まとめにノリピー周辺の関係図を作ってみました。とりあえずこの関係図に乗っている名前の人はテレビ好きの皆さんならよく知っているとは思いますが、「上山信二」って人物に関しては、ほとんどの人が誰やねん思うはずです。

でこの「上山信二」っていう人物はノリピーが行き付けの西麻布のクラブ「エーライフ」のオーナーであり元総会屋である経歴を持っているらしいです。でこの人、六本木のクラブ「フェリア」にも出資しているそうです。俗に言う「青年実業家」って奴ですかね。

でこの「エーライフ」っていうクラブは芸能人がよく来るクラブだそうで、その中でもオーナーと知り合いの奴は隠れVIPルームへ行けるそうです。でこのVIPルームが黒い疑惑のひとつといわれています。

次に※を解いておきましょうか。

※1まず、ノリピーと高相との出会いはサーフィンの繋がりから始まったそうです。ネット情報によれば、高相の友人の木梨憲武から紹介されたとか元LUNA SEAの河村 隆一が二人を引き合わせたとかをキムタクが語ったとかいろいろな情報がありますが二点三破線で囲ってある「サーファー仲間」ってのは結構黒い部分があると思います。まず元LUNA SEAである 河村隆一も 昔のバンド関係で薬やらの疑惑がありますし、 木村拓哉夫妻も噂では警察がマークしているって言う情報が流れているそうで・・・あと江口洋介夫妻も昔ドラマがキッカケで仲良しになったらしいので、巻き込まれる形で疑惑が浮上したらしいです。

※2上山信二の店「エーライフ」にエイベックスが資本を出している関係です。エイベックス松浦社長とかもシャブ疑惑があったり、押尾先生もここの所属でしたし、他の所属歌手もシャブ疑惑があったりと黒いデパート的な匂いを漂わせてるエイベックスではありますが、真実はどうなのかな?

※3今年の4月に酔って裸で暴れて逮捕された草彅 剛ですが、その時警察が草彅邸に家宅捜索をしたのは記憶に新しいと思います。で普通は公然わいせつ罪如きで家宅捜索はされないんですが、※1でも述べたキムタクのシャブ疑惑があり、共犯の疑いがあるとして、家宅捜索に踏み切ったんじゃないかという疑惑があるそうです。

※4=今回の主人公でもある酒井夫妻ではありますが、ニュースとかによると半ば別居状態でありながら、夫婦関係を続けていたというミステリアスな関係でもしかしたら、夫婦以上の違う関係があったのかも・・・しれないですね・・・・今後の捜査を期待します。

※5=西麻布のクラブ「エーライフ」の上山信二オーナーの知り合いでノリピーは謎のVIPルーム常連だった?夫の高相も知り合いの可能性あり。果たしてこの謎のVIPルームで何が行われていたんだろう・・・

※6=工藤静香と飯島直子は友達の関係柄にあるんですがさっきから既出しています、キムタク夫妻シャブ疑惑に巻き込まれる形で飯島直子もシャブ疑惑浮上する事になったのですが、前々からW飯島(飯島愛・飯島直子)はどっちともシャブ中というゴシップネタがありまして、再度疑惑が浮上する形になりましたね。

※7=今回、ノリピーが逃亡する影に誰がいたのか?誰か手助けとかしなければ、ここまで長期に逃げ切る事なんて出来なかったでしょう。この事件の一番暗部という存在ですよね。ネット上では山口組系の組長の娘だから組員が関与したとか、はたまた真如苑の施設で消えた事から、ノリピーは信者で真如苑に匿われたとか、いやいや芸能界の友達や事務所が手助けしたんだよって色々な噂が飛び交っている次第です。

※8=「エーライフ」の上山オーナー自体も黒いんですがその関係のある「フェリア」の川奈毅オーナー、川奈オーナーの前勤めていたクラブ「アトム」の中村オーナーこの3つのクラブにはシャブの疑惑があり相当黒いらしく、警察も情報を掴んでいるそうです。

※9=最後になりましたが、SMAP の中居正広と倖田來未との関係です。おととしあたりに熱愛報道がなされていますけど、中居正広のシャブ疑惑っていうのは前々からあり。頬がこけてるとか、目にクマができているとかファンの間では有名な話だそうで極めつけは覚せい剤所持でつかまった元光GENJIの赤坂昇と親交があった事や、散々既出している木村拓哉のシャブ疑惑とかの関係により一層疑惑がもたれています。また、倖田來未の方もエイベックス歌手だし中居とも付き合ってるし、シャブ所持してるんじゃないの?っていう小さな疑惑がもたれています。

 

いろんな黒い関係があるとは思いますが、ここにある文章はMANIAによるゴシップ情報と妄想を積み重ねた文章や関係図なので信憑性はあまりないと思ったほうがいいです。

というかこれが芸能界の真実の世界だと思いたくないのが自分の本音です。

 

 

 

「碧いうさぎ」はこちらから↓

まにゅあーる

人気ブログランキングへ

 


[ワコール]ウイングのアイテム大量追加!アウトレットセール好評開催中☆

落ちぶれゆくスクウェア・エニックス

スクエニ先日8月7日にスクウェア・エニックスの和田洋一社長が決算報告会にて、アマゾンのドラクエ9の酷評について「ネットですから、まぁ、そういうもんでしょう。クリエイターたちにも『気にするな』と言っている」と述べ、ネットユーザーらが反発する事態が起きました。確かに、有名タイトルなだけに否定的な意見も多いし荒れる様な意見も多いとは思いますが、しかしネットユーザー全体の意見を取り入れられないの様な趣旨の発言にネットユーザーを客としてみてないのか?本当に経営者としての自覚があるのかと私は疑問を感じました。

また、ネットの好き嫌いと売り上げの関係性について「経験的には無相関、ほとんど関係ない」「好き嫌いについては、いい意見も悪い意見もあっていいんじゃないか。しょうがないと割り切るしかない。ものすごく悪く書かれたら売れないとか、すごく良く書かれたら売れるとか単純なものではない。お客さんはかなり冷静に見た上で判断している」と発言、確かにネットユーザーらのゲーム購買層っていうのは、全体の購買層からみたら少数なのですが、ネットユーザによって売れた作品も多々あり、廃盤になった作品もネットユーザの声などで再販するケースなど小さなマーケットといえど、特殊なマーケット層を無視するような発言は和田社長がいささか天狗になってる様子で世間の事をまったくわかっていない事を晒した発言だと思いました。

元々和田社長はゲーム屋出身ではなく、野村證券出身でガチガチのエリートサラリーマン出身だそうで、マーケティング展開のあり方や他社の併合化などの手腕などはピカイチだとは思いますが、ここ最近の儲け主義によるナンバリングタイトルの増加や人件費がかからない低コストで作るゲームの増加、チャレンジ精神のないゲーム作り、つまり保守的で安易で黒字ばかりを追うゲーム作りを続けていれば、古くからのスクウェアファンやエニックスファンまたは日本のゲームファンが飽きられて離れていくし、なにしろファンやコア層が離れていけば、自然に大衆達も離れていくことになるのでスクエニの今後はないと思います。

和田社長と社員の確執も結構取りざされているし、ドラクエ9の販売目標も怪しい見通しになると思いますし、海外マーケティングが今のところは失敗続きなので、近い将来和田社長の更迭って可能性もあるかもしれませんね・・・

まにゅあーる

人気ブログランキングへ

 

    似たような記事は無いようです。。

永遠の中二病逮捕

中二病中二病取扱説明書 塞神 雹夜 (著)

我等が永遠のアイドルいや、永遠の中二病こと、押尾学先生が逮捕されました。

なんと六本木のマンションで110番があり、署員が駆けつけたとき裸の女性が死んでいたそうです。

事情聴取を進めた結果、出入りしていた関係者を調査していた所、押尾先生の尿から薬物反応が発覚したそうです。

しかも使用薬物はMDMAらしく、大麻より罪が重いのが今の実情です。

しかもこのMDMAは大量に摂取するか他のヤクを混ぜて服用すると死の危険があるそうなんです。

いままで芸能界で麻薬類の事件はありましたが、人が巻き込まれて死亡した事件はたぶん初で芸能界至上最悪の事件の一つとなるでしょう。

押尾先生はまた違う所で、最悪な伝説を作ってしまいましたね。

ここで押尾先生の有名な発言集を後世にも語り継がせたいものを、ピックアップしてみました。

「俺より美しい男は見たことない。もちろん女も」

・「拳は、人じゃなく、天を殴るためにあるんだぜ」

・「リアルな日常を、殴りつけろ」

・「ドラマの役よりも、押尾学というヒーローを演じたい。演じる必要なんてないけどな」

・「ヒーロー不在こんな世の中だから自然と俺への負担もデカくなる」

・「童貞って化石下だよ」

・「『何故俺はロックなのか?』それは俺がロックだったからさ」

・「俺、昔、東大受かったんですよ。でも日本大学なんてウゼーと思って…」

・「このアルバムができたとき俺はカート・コバーンの生まれ代わりと思ったよ」

・「カート・コバーンはオレの代わりに死んだのかもしれない」

・「俺は尾崎豊を超えていると思う。歴史を作る。」

・「虎舞竜なら13章かかるところも、俺なら2小節だから」

・「最高の俺は他人は当然、俺自身も超えられない」

こんなすばらしい発言する人が今後見られなくなると寂しいですね・・・・

まにゅあーる

人気ブログランキングへ

    似たような記事は無いようです。。

死してなお世界中のファンたちを魅了し続ける男

ロイターの情報によると
米司法省麻薬取締局とロサンゼルス市警は22日、米歌手の故マイケル・ジャクソンさんの専属医だったコンラッド・マーレー医師の診療所を家宅捜索した。らしいですね
仮に、マーレー医師が過失致死かなんかで起訴されたらそれこそ大騒ぎ
有罪確定にでもなったら、ファンの方々は・・・どうなってしまうんでしょうか
注目ですね!

そういえば、こちらはファンならすでに購入済みでしょうか
大人のロック!特別編集『マイケル・ジャクソン メモリアル』(日経BP社/680円)

mj

気になる中身はこちら
『前半は46ページのカラーグラビアで生涯を振り返るビジュアルページ。後半は大人のロック!や日経エンタテインメント!の専門執筆陣が、音楽・ダンス・映像・ファッションなど、あらゆる角度からマイケルさんの功績と後世への影響を詳しく解説します。巻頭にマイケルさんが最も輝いていた時期のライブフォト・ピンナップポスター付き。お買い求めは全国の書店、コンビニで。』
(nikkei TRENDYnet)

まだ、購入してない方は急いでコンビニに

まにゅあーる

人気ブログランキングへ

Shakira  She Wolf レビュー

Shakiraの新曲
She Wolfの レビューです

まずは、みなさんも聞いてください

独特の歌声、この曲もなかなか良かったですね

プチ情報としてコロンビア出身の32歳
フルネームは
シャキーラ・イサベル・メバラク・リッポール(Shakira Isabel Mebarak Ripoll)
音楽センスがあると耳がいい→語学センスもありみたいなことってあるのかなぁ
なんと彼女は5ヶ国語しゃべれる
すごい

まにゅあーる

人気ブログランキングへ

    似たような記事は無いようです。。

「あの人検索スパイシー」でエスペラント関係者が芋づる式に出てくる

Shake
Creative Commons License photo credit: Rob Gallop

http://spysee.jp/というサイトがありまして、
有名人から、比較的マイナーな人まで幅広くデータベース化されています。

このサイトで、特に面白いのが、関連のある人が芋づる式に表示されることです。
さすがにどういう関係かまでは表示されませんが、
それでも、関わりのある人を次々見られるのはこのサイトの魅力です。

スパイシーには結構マイナーな人も収録されていて、
エスペラント普及運動の中心人物もいます。
日本エスペラント学会現理事長や、その他の役員の名前もありました。
一番面白かったのは、まだ生きているエスペラント関東連盟の会長に
1977年没と死亡タグがついていたことです。

まだ新しいサイトのようですが、すでに40万人が登録されています。
歴史上の人物も含んでいるので、これが多いか少ないかというと微妙なところではありますが。
これからに期待が持てるサイトです。

リンク
あのひと検索SPYSEE[スパイシー]

まにゅあーる

人気ブログランキングへ

manu-rの中の人を紹介

i ain't fraid of no ghost
Creative Commons License photo credit: pinguino

今回は、当ブログmanu-rの中の人を紹介します。
実はこのブログは4人で書いてます。

まず、CTU氏。
この人がボスです。マニュアル配布サイト、まにゅあーるを企画しました。
Linuxや最近のネット事情にやたら詳しいです。
基本的に、パソコン関係、格闘技の記事を書いています。

次にRANKGUY氏。
当初はブログの担当だったのですが、みんなで書くことになったので、
特に専門がない人です。しかし、文章のセンスがピカイチなので、
当ブログのアクセスをのばす生命線です。

そして、MANIA氏は、最近一緒にブログを書きはじめた助っ人です。
まだ1記事しか書いていませんが、かなり文章が長いので、
これから良記事を書いてくれそうです。

最後に私、PACOです。
技術開発が専門ですが、プログラミングは1ヶ月前に始めただけの人です。
ホームページ作りが得意だと言うことで、まにゅあーる企画にCTU氏から誘われました。
ブログを一ヶ月で80も書いたため自分の知識が底をつき、困っています。

以上のメンバーでブログを書いています。

まにゅあーる

人気ブログランキングへ

ページ: 前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ



過去の記事はこちらから検索

カスタム検索



人気の記事









当ブログのバナーはこちら↓
GIZAZINE
GIZAZINE

 RSS2
 ATOM
↑当ブログの購読はこちら

GIZAZINE(ギザジン)公式twitterアカウントあります。

お問い合わせはこちらからどうぞ。

One in a Million Theme by TDH & WordPress theme