【レビュー】激情版 エリートヤンキー三郎を見てみた感想


【レビュー】激情版 エリートヤンキー三郎を見てみた感想

Jed's Island Resort Outing
Creative Commons License photo credit: Fernando Marcelino

激情版 エリートヤンキー三郎を見てみたのでレビューします。

まず、言えるとは100点満点中20点の映画と言うことです。
ジャンルは、コメディです。
クローズZEROやワルボロのような男臭いヤンキー映画だと思ってみると痛い目を見ます。(実感)
なんとなく、漫画太郎先生の漫画のような感じでした。
コメディ映画として致命的なのが、あまりに低レベルなギャグセンスです。
オースティンパワーズなどの海外バカ映画と比べるとギャグの中途半端さが目立ちました。

一番の見所はズバリ”竹内力”さんです。
あの風貌の力さんが、激しく暴走するバカを演じます。
これだけが見物です。

リンク
激情版 エリートヤンキー三郎公式サイト

まにゅあーる

人気ブログランキングへ

2009年7月第4週のGIZAZINE(ギザジン)、記事アクセスランキング

今週のGIZAGINE人気記事ランキングを発表します。(2009年7月27日集計)

5位
FF6に出たオルトロスは地獄の番犬ケルベロスの弟で元はタコではない
ギリシャ神話の複雑な血縁関係についての記事。

4位
【UA】 アンダーアーマー UNDER ARMOUR のファミリーセールに潜入!
先週に引き続きランクイン。潜入レポートは人気です。

3位
Foxconn Blood Rage は、OROCHI(オロチ)の夢を見るか?
先週の2位です。パソコンを自作している人には役立つ情報かもしれません。

2位
【ジャンプ】 アイシールド21 最終回 【ヤーハー】
7年も続いた漫画の最終回の記事です。

1位
詐欺か!?それとも業界革命か!?琴似インターネットサービス
先週に引き続き、かなり怪しいネットショップの記事が第1位。

以上、週間人気記事ランキングでした。

まにゅあーる

人気ブログランキングへ

タイムスプリッター4はまだかぁ

タイムスプリッター4日本には隠れた名作と言われたゲームがいくつかありますが、その中でも日本人に馴染み難いFPSというジャンルに火をつけた作品があります。それはニンテンドウ64で発売された、「ゴールデン・アイ64」でした。 当時「Doom」や「Quake」などのシューティングゲームはアメリカ・欧米などでは人気ありましたが、日本では受け入れがたく日本人の中でもコアゲーマの部類の人達が嗜んでいた程度だったのですが、それを家庭用ゲーム機に持ってきて、日本人ゲーマーにFPSというジャンルを根付かせる作品となったのです。

その後「パーフェクトダーク」という作品を作った後、開発チームがバラバラになりましたが、David Doakという元開発者が手がけた作品が「Time Splitters2」(和名;Time Splitter ~時空の侵略者~)となったのです。 この「Time Splitters2」にはアメコミチックなキャラクターや「ゴールデン・アイ64」や「パーフェクト・ダーク」をまんま踏襲した皆を楽しめるような、ゲームシステムや対戦内容などが盛り込まれており、コンシュマー界におけるスポーツ系FPSの頂点になる作品だと思います。

コンシュマー機の性能をフルに使ったゲームクオリティや飽きさせないアリーナシステム、ステージを作れるクリエーションモード、色々なところにパロディを使っている部分(ド〇ルドダック似せたキャラクターダックマン等)などはさすが 欧米の本気を見たなぁと感じられました。しかし ストーリー部分はハッキリいって意味不明だと思います。その点については後に発売された「Time Splitters  Future Perfect」で改善されています。

Future Perfectの発売後にTime Splittersの続編の情報はしばらく音沙汰無しだったんですけど、2007年に開発中という情報があって以後全然情報がないと思いまして、調べましたところ。David Doakの創設していた、Free Radical Design社を 「Far Cry」や「Crysis」で有名なCrytek社に買収されたようで、主要メンバーたちはFree Radical Design社を去りPumpkin Beach社を設立したらしいんですが、版権元はCrytek社にあるわけですので、主要メンバーが抜けた作品のTime Splittersなんて 監督が代わった悪い続編映画みたいになりそうなんで、残念ですね・・・・

しかも、買収したCrytek社は今年7月にTime Splitters4について、CryEngine3に元開発メンバーを置いた状態なのでTime Splitters4 の開発は後になるとの事、ファンから言えばはやくだせぇ~って感じなんですけどねぇ(笑)

しかしまぁ Time Splitters4の企画自体廃案になってないようなんで、気長に待つとしましょうか・・・・

まにゅあーる

人気ブログランキングへ

醤油+チョコレート!?醤油スイーツチョコレート試食レビュー

森永より期間限定で発売されている【醤油スイーツチョコレート】を100円ショップで見かけたので、食べてみることにしました。
醤油+チョコレートのコラボレーションは成立しているのでしょうか?

0.1%の醤油を使用とあります。

0.1%の醤油を使用とあります。

270キロカロリー

270キロカロリー

チョコは9粒入り

チョコは9粒入り

で、食べた見た感想なんですが、口に入れた瞬間は普通のチョコレート。
外側のコーティングされたチョコレートが溶け出すと、中身の醤油パウダーと混じり合いほんの僅だけど和風テイストに。
醤油と言ってもみたらしだんごのタレに近い味でした。
醤油+チョコレートのコラボレーションは十分成立していて、美味しいです。

ただ、当ブロガーのPACO氏も食べてみたところ
「別に醤油の味しないし、ふつうのチョコじゃん!」
とのことでした。
人によっては醤油を感じない人もいるようです。

まにゅあーる

人気ブログランキングへ

2009年7月第3週のGIZAZINE(ギザジン)、記事アクセスランキング

今週のGIZAGINE人気記事ランキングを発表します。(2009年7月22日集計)

5位
【UA】 アンダーアーマー UNDER ARMOUR のファミリーセールに潜入!
先週に引き続きランクインの潜入レポートです。

4位
価格破壊、西友TV
西友でテレビを格安で提供しているニュース。42型がわずか9万9千円。

3位
7/22の皆既日食を見るときは、赤外線に注意!
皆既日食、皆さんは見られましたか?私のところは曇ってました。

2位
Foxconn Blood Rage は、OROCHI(オロチ)の夢を見るか?
先週の第1位。パソコンのマニアックなネタは人気です。

1位
詐欺か!?それとも業界革命か!?琴似インターネットサービス
詐欺かもしれないネットショップの記事が第1位。ネット上で祭りになってます。

以上、週間人気記事ランキングでした。

まにゅあーる

人気ブログランキングへ

ツイッターのクローンのまとめサイトと各レビュー

Twitterが人気だからと言って、同じような二番煎じが多数出現しています。
それをまとめたサイトが、「Twitterクローン」です。

いくつもあるので、実際に試してみました。

まず、「もごもご」。
これは全くツイッターと同じです。細かい部分の名前こそ違えど、
機能的にはまさにクローンです。

次に「Haru.fm」。
これはどちらかというとブログに近い感じです。
RSSも配信できますし、発言にタイトルもつけられます。
また、画像を添付することができます。
使いようによっては、ブログとしても使えます。

Feecle」はすでにサービスが終了しています。
営業期間、わずか2年半。クローンなんてこんなものです。

PlayTalk」は韓国発の多言語対応ミニブログ。
しかし、新規登録して送られてくるメールは韓国語。
サイトも、肝心なところは韓国語。よって体験できませんでした。
ハングルなんて読めません。。。

PIYO」は動画や画像を添付できます。
さらに落書き機能がついており、ウェブ上で絵を描いてメッセージに添付できます。
何かをちょっとした絵で説明したいときに便利です。
この機能は普通のブログにも欲しいですね。

最後に、中国には「komoo」という完全なクローンがあります。
中国語オンリーのうえ、怪しいので体験はしませんでした。
さすがは中国。コピー天国なだけのことはあります。

以上、ツイッターのようなミニブログを紹介しました。
たぶん半年から1年後にはみんな無くなっているでしょう。
ツイッターも長くは続かないような気がします。
たいして面白くないからです。まあ、主観ですが。

まにゅあーる

人気ブログランキングへ

ディスカバリーチャンネルを観て、番組のレビューを書いて、宇宙服をもらおう!

600px-astronaut-eva

ケーブルテレビや衛星テレビをご覧の方、
ディスカバリーチャンネルを見たら、レビューを書いてみましょう。
抽選で宇宙服をもらえるそうです。

http://japan.discovery.com/best/index.html
こちらのサイトです。

ところで、このサイトの写真を見ると、宇宙服にヘルメットがついていません。
これでは宇宙にいかれません。船内用でしょうか?
まあ、これが当たったからと行って、宇宙に行こうという人もいないと思いますが。

宇宙旅行には約2000万円かかるそうです。
宇宙服が当たったところで、ほとんど補助にもなりません。
ディスカバリーチャンネルは実用的なことは考えずにこのプレゼントを企画したのでしょう。

まあ、宇宙マニアの人は喉から手が出るほど欲しいのでしょう。
宇宙マニアなんているのかどうかは知りませんが。

まにゅあーる

人気ブログランキングへ

ページ: 前へ 1 2 ... 8 9 10 11 12 13 14 次へ



過去の記事はこちらから検索

カスタム検索



人気の記事









当ブログのバナーはこちら↓
GIZAZINE
GIZAZINE

 RSS2
 ATOM
↑当ブログの購読はこちら

GIZAZINE(ギザジン)公式twitterアカウントあります。

お問い合わせはこちらからどうぞ。

One in a Million Theme by TDH & WordPress theme