申し訳ないがもう一度とは思えない・・・俺はね


申し訳ないがもう一度とは思えない・・・俺はね

6月24日の記事で書いた
『ペプシソ』
失礼
『ペプシしそ』について、ついに購入、挑戦(試飲)したのでレビューを書きたいと思います

pi

勘の良い方はタイトルだけでもうお分かりかと思いますが
サントリーさんには、大変申し訳ないんですが、僕は好みではありませんでした

もう一度買うかと聞かれれば「買いません」と
もう一度飲みますかと聞かれれば「飲みません」と
「PEPSI NEXをお願いします」と

なかなかの評価をつけてしまいました

もちろん、こういったことは単純に好みの問題なので
好き嫌いはしょうがないと思います

ちなみに、友人も同意見のようです(参考までに)

ただ、期間限定、今後継続して商品化するのかわからないことを考えると
飲む価値は十分あると思います
念を押すわけではありませんが、僕はNEXを手にとります
                                       以上
Good night!!

まにゅあーる

人気ブログランキングへ

サントリーが個人情報と引き替えにドリンクやお酒をプレゼントしている。

china_tea

サントリーが「カロリ。ゼログリーン」などの新商品を抽選でプレゼントしています。
簡単なアンケートに答えて、個人情報を入力するだけ。
今は個人情報保護法があるので、おそらく情報を流される事はないのでしょう。

お酒好きな方はきっと、毎日チェックして当てまくっていることでしょう。
インターネット限定だったりして、あまりメジャーでもないので、当たる可能性はあると思います。

http://www.suntory.co.jp/enjoy/campaign/
にサントリーのキャンペーン情報が載ってます。

まにゅあーる

人気ブログランキングへ

シャンプー、洗剤に使われている界面活性剤は体に悪い化学物質か?

windex_original

界面活性剤というといかにも体に悪そうな化学物質という感じがします。
天然の石けんの方が安全なのではないかと思っている方もいるでしょう。

実際、界面活性剤には生物を殺す力があります。
大量に飲み込めば人間も死にますし、最近などはイチコロです。

しかし、天然の石けんの正体は実は界面活性剤です。
界面活性剤というのは、油と水を親和させて混ぜる成分のことで、
なんと牛乳にも入っています。というより、界面活性成分がないと牛乳が成立しません。

牛乳は水分と乳脂肪が混ざっています。
もし、界面活性成分がなければフレンチドレッシングのように分離してしまいます。

自然界の物質には全て毒性があります。
酸素も毒です。高濃度の酸素には高い発がん性があります。
水も大量に飲み込めば水中毒で死んでしまいます。

界面活性剤にも毒性がありますが、相対的なもので水や酸素と大して変わりません。

つまり、界面活性剤というのは普通に使っている分には毒でも何でもない便利な物質ということです。

まにゅあーる

人気ブログランキングへ

    似たような記事は無いようです。。

【ニューテイスト】 ペプシソ 【PEPSI】

正確には、ペプシしそ(PEPSI SHISO)

その名の通りペプシのしそ味
昨日、6/23から発売されたそうです

ちょっと前の記事でfmori氏がタイ土産のキューカンバーペプシのレビュー書いてましたね

でも、今回は残念ながらレビューではありません
なぜなら、まだ飲んでないから
(・∀・)アヒャ!!
レビューは近日公開こうご期待

でも、おいしいのかな?
買うことが、若干チャレンジっぽい気がするのはなぜ?

そういえば、営業してた時にお客さんから手作りのしそジュースもらったことがあった
でもあれは、赤じそであって
今回ペプシの出す青じそとはまったく違うからなぁ
ちなみに、それはおいしかったよ

興味ある人は買ってみよう(゚∀゚ )
季節限定だから急ごう
pi

コンビニにあるんじゃないかな

まにゅあーる

人気ブログランキングへ

消費者と食品

IFA 2009 - Scenes from the IFA09 techshow Messe in Berlin, Germany
Creative Commons License photo credit: techfever

セブンの問題から派生してちょっと真面目な話

消費者はやっぱり、安い方に魅力を感じる
最近では、単純に安いだけじゃ売れないなんて話も聞く
でも、やっぱり安いものに引かれるのが消費者心理
(自分も含め)

セブンの記事で書かなかった
食料自給率、日本は先進国中最低の4割
正直この4割ってのも切ってるんじゃないかと思うけど

でもさ、みんなそんな実感は全くない
なんでか
毎日、食べられてるから
ちなみに、完全国産に頼ると米と芋あとなんかちょっとだけみたいな食事らしいよ

自給率4割の理由ってやっぱり消費者のわがままに起因すると思います

川下から川上へ逆流すればわかりやすい
安いの大好き消費者→お客を集めたい小売→安さを求め買いたたく→儲けの上がらない生産者

こうなると、生産者が減っていくのは当たり前
生産者がいなければ、川下に食品は流れてこない

でもなんとなく、流れてくるのが当たり前、流れが止まることなんて全く想定してないことが問題
国は、緊急対策で車、電機(純粋に人間の生存を考えたときに全く意味のないもの)に大量の金を流し込んでるけどさ
経済が悪いんだからしょうがないとか言ってるけど
もっと、考えるべきだよね
でも、食べられてるうちは危機意識なんてやっぱり生まれないんだろうね

まにゅあーる

人気ブログランキングへ


牛角の食べ放題に行ってみた。

This is my meal!
Creative Commons License photo credit: Tambako the Jaguar

牛角。。俺にとってここは鬼門である。
毎週のように通っていた牛角があったのだが、肉をオーダーしてもビールばかりが先に出てきて、肉が出てこなかった。
いい加減ばからしくなってきたので、
「肉屋で肉が出ないとはなにごとか!?」
と言うと店員は、
「新人が入ったばかりでてうまくまわらないです!」と逆ギレされた。

加えて、あの店員同士で交わす
『よろこんで~』
という返事も気に入らない。
例えば
「洗い物お願いしま~す!」
『喜んで~』
洗い物をお願いされて喜んでやる奴なんて皆無なはず。
だいたい、客に対して店員の数が足りずてんてこ舞いになっているホールで、険しい顔をしながらの
『よろこんで~』
は、喜んでもいないのに、「よろこんで~」なんて、言ってんじゃねぇよ!というツッコミを入れたくなるという訳。
まあ、グループのマニュアルなのだろうから仕方がないのだろうけど…
それ以来、死ぬまで牛角には入るまいと誓った。

だが、この日焼き肉の食べ放題があると誘われて行ったのが、牛角の別店舗だった。
腹が減っていた俺は、仕方なしに食べ放題2600円を支払い食べ放題をチョイス。
時間は70分で、飲み物別料金のオーダー式。ラストに、食後にデザートを一品注文できるらしい。
悪質なお残しは別途料金を徴収すると念押しされ、食べ放題のゴングが鳴った。

まず、気になったのがオーダー式ということ。
オーダー式だと肉が出てくるまでに時間稼ぎさせられてしまう、という危険性をはらんでいた。

初めは、肉の盛り合わせとドレッシングをかけたキャベツが登場し、その後注文。
ニンニクの包み焼きを4つオーダー。
店員は驚くようにこう言った。
「4つですかぁ~(笑)食べたことあります?」
親切心だかなんだか知らないが、余計なお世話だ。(食べたこと有り)
さらに、ご飯を執拗に勧めてくるが、キッパリお断りする。
その他、肉類を山盛りで注文する。

オーダーしたものが出てきた。
うんうん。今のところ時間稼ぎは無いようだ。
だが、焼き肉のタレがまずい。
今日集ったメンバーも牛角のタレはまずいというのは、既に周知済み。
できることなら、近くにある安楽亭のタレを持ってきたい。。

タレは絶望なので、塩味を多めにチョイスし食べることにした。
うん。スタミナ太郎とは行かないが安そうな肉だ。。
その後も肉を追加し、焼き続ける。
おすすめはタン塩これはまぁまぁイケる。
終盤では火力が弱くなり交換してもらった。
火力が弱くなればなるほど焼き時間に時間がかかってしまう。
ラストオーダー後に、デザートを注文してごちそうさまでした!

まとめ
・タレはまずいので、塩を中心に。
・火力が弱くなったら即、炭火を交換してもらうべし。
・ホルモンは、焼いたらよっちゃんイカ並みの大きさになり、微妙。
・焼きナゲットはマクドナルドと同じ味。
・肉が出てこないときは催促
・焼きポテトは網にこびりつきやすい。
・ピートロはかなり脂っこい。←あたりまえ!?
・わかめスープはしょっぱい。
・ハラミはドドメ色なので、焼けているのか分かりづらい。

総括
別口でドリンクとか頼まなければかなり良いんじゃないでしょうか?
ただ、平日のみなのと肉質、タレのまずさを考慮したらふつうぐらいかな。

まにゅあーる

人気ブログランキングへ

【タイ】緑のコーラ・ペプシグリーンのレビュー【PEPSI】

今日CTU氏から緑色のペプシコーラをもらいました。
タイのお土産だそうです。

緑のコーラ

緑のコーラ

味はなんとキュウリ味。
でも、ほんのり香るだけで、味は普通のペプシでした。
何となくカッパの香りってこんなのなのかなぁ、思いました。

まにゅあーる

ページ: 前へ 1 2 3



過去の記事はこちらから検索

カスタム検索



人気の記事









当ブログのバナーはこちら↓
GIZAZINE
GIZAZINE

 RSS2
 ATOM
↑当ブログの購読はこちら

GIZAZINE(ギザジン)公式twitterアカウントあります。

お問い合わせはこちらからどうぞ。

One in a Million Theme by TDH & WordPress theme